法体系の概念 : 法体系論序説

ジョゼフ・ラズ 著 ; 松尾弘 訳

ハート、ケルゼンらの理論を批判的に検討した上で、新たな法分析への視点を提示した、現代法学の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論
  • 1 オースティンの法体系論
  • 2 オースティンの理論:批判
  • 3 規範理論の構成要素
  • 4 法の個別化について
  • 5 ケルゼンの法体系論
  • 6 諸規範の体系としての法体系
  • 7 諸法の体系としての法体系
  • 8 法体系の同一性
  • 9 法体系の存在について
  • おわりに 源泉、規範性および個別化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法体系の概念 : 法体系論序説
著作者等 Raz, Joseph
松尾 弘
ラズ ジョゼフ
書名ヨミ ホウ タイケイ ノ ガイネン : ホウ タイケイ ロン ジョセツ
書名別名 The concept of a legal system. (2nd ed.)
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 1998.11
ページ数 299p
大きさ 22cm
ISBN 4766407261
NCID BA38387632
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99050361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想