インターフェロン

岸田綱太郎 総監修 ; 今西二郎 編

本書では、IFNの歴史から始め、IFNの構造、発現機構、IFNの作用機構、さらに生理的、病理的意義について述べ、また臨床応用への可能性について、総括的に解説することを目的としている。そして、IFN研究、あるいはIFNの臨床応用の今後の指針となるように企画したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 IFN研究の歴史
  • 第2章 IFNの種類とIFN製剤
  • 第3章 IFNの発現および作用機構
  • 第4章 IFNの生理と病理
  • 第5章 IFN最新の知見と臨床応用への可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インターフェロン
著作者等 今西 二郎
岸田 綱太郎
書名ヨミ インターフェロン : ソノ ケンキュウ ノ アユミ ト リンショウ オウヨウ エノ カノウセイ
書名別名 その研究の歩みと臨床応用への可能性

Intaferon
出版元 ライフ・サイエンス
刊行年月 1998.8
ページ数 211p
大きさ 28cm
ISBN 4898011578
NCID BA38378959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99126991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想