ミシェル・フーコー思考集成  1

ミシェル・フーコー 著 ; 蓮實重彦, 渡辺守章 監修 ; 小林康夫, 石田英敬, 松浦寿輝 編

出発点に輝く「ビンスワンガー『夢と実存』への序論」、「心理学の歴史」をはじめ「父の否」「侵犯への序言」など極限を問う批評まで、フーコーの理性批判前史と白熱の詩学テクストを収める。詳細年譜付。1954年〜63年まで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ビンスワンガー『夢と実存』への序論
  • 心理学の歴史 1850‐1950
  • 科学研究と心理学
  • 『狂気の歴史』初版への序
  • 狂気は社会のなかでしか存在しない
  • アレクサンドル・コイレ『天文学革命、コペルニクス、ケプラー、ボレッリ』
  • ルソーの『対話』への序文
  • 父の否(ノン)
  • カエルたちの叙事詩
  • ルーセルにおける言うことと見ること〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミシェル・フーコー思考集成
著作者等 Foucault, Michel
小林 康夫
松浦 寿輝
渡辺 守章
石田 英敬
蓮実 重彦
Defert Daniel
Ewald Fran〓cois
エヴァルド フランソワ
ラグランジェ ジャック
ドフェール ダニエル
書名ヨミ ミシェル フーコー シコウ シュウセイ
書名別名 Dits et écrits

狂気/精神分析/精神医学 : 1954-1963
巻冊次 1
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.11
ページ数 393p
大きさ 22cm
ISBN 4480790217
NCID BA38362835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99038774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想