沖縄の問いかけ

隅谷三喜男 著

戦後半世紀、日本復帰後四半世紀、そして東西冷戦が崩壊してそれでもなお基地に翻弄される。沖縄。成田空港問題の歴史的和解の担い手、隅谷三喜男が沖縄の現実を克明に浮き彫りにし、「沖縄の問いかけ」を真正面から提起。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 沖縄の歴史を振り返って(沖縄戦と占領下の沖縄
  • 安保体制下の沖縄
  • 復帰に向けて ほか)
  • 第2章 沖縄と日米安保(沖縄と米軍基地
  • ガイドラインと沖縄基地)
  • 第3章 苦悶する沖縄経済(基地経済の成立
  • 基地経済の葛藤
  • 基地経済と日本本土 ほか)
  • むすび((沖縄周辺)と沖縄の危機
  • 沖縄の苦難の歩み)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄の問いかけ
著作者等 隅谷 三喜男
書名ヨミ オキナワ ノ トイカケ : クナン ノ レキシ ト キョウセイ ノ ネガイ
書名別名 苦難の歴史と共生の願い
出版元 四谷ラウンド
刊行年月 1998.10
ページ数 212p
大きさ 20cm
ISBN 4946515208
NCID BA38357278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99126794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想