アレント : 公共性の復権

川崎修 著

近代以降、人対人の相互行為であるべき政治に「仕事」や「労働」という人対物の一方的行為のモデルが適用されたことが、今世紀、全体主義という怪物の跋扈をもたらした。「活動」とは、アリストテレス的な「実践」概念の復活であり、その舞台となる公的領域とは、人々が対等な立場で対話する空間である。この自由を本質とする「活動」として政治を再生しようとする試みは、大衆社会のなかで立脚点を喪失した人間の救済をめざすアレントの問題意識の結実であり、政治が公的な営為であることを我々に再確認させる。本書は、ハンナ・アレントという思想家の思想についての概説書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 十九世紀秩序の解体-『全体主義の起源』を読む 前編(『全体主義の起源』の謎
  • 十九世紀政治秩序
  • 破壊のモーターとしての帝国主義 ほか)
  • 第2章 破局の二十世紀-『全体主義の起源』を読む 後編(国民国家体制の崩壊
  • 「社会」の解体
  • 二十世紀秩序としての全体主義 ほか)
  • 第3章 アメリカという夢・アメリカという悪夢(アメリカとヨーロッパ
  • 『革命について』
  • 共和国の危機-その一 ほか)
  • 第4章 政治の復権をめざして(労働・仕事・活動
  • アレントの政治概念
  • 個・公共性・共同性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アレント : 公共性の復権
著作者等 川崎 修
書名ヨミ アレント : コウキョウセイ ノ フッケン
書名別名 Hannah Arendt

Arento
シリーズ名 現代思想の冒険者たち / 今村仁司 ほか編 第17巻
出版元 講談社
刊行年月 1998.11
ページ数 393p
大きさ 20cm
ISBN 4062659174
NCID BA3835451X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99047469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想