ふれあいの心理学 : 医療と看護の人間関係

古川聡 編著

医療をめぐる情勢は大きく変化している。単なる病気の治療にとどまらず、豊かな人間関係を基礎とした全人的なケアをめざしているのだ。医師や看護婦、そして薬剤師など医療に携わる人間、さらには医療自体に、意識改革が求められつつある。どうすれば意識を改革し、患者が求める医療を行うことが可能になるのだろうか。医療心理学が果たすべき役割はここにある。本書は、医療心理学という未知の領域の講義をする必要に迫られた著者の、4年間にわたる試行錯誤の繰り返しによる講義ノートを基礎に、テキストという形に構成し直したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 医療における心理学
  • 第1章 自己とふれあう
  • 第2章 他者とふれあう
  • 第3章 気持ちを伝える
  • 第4章 患者を知る
  • 第5章 患者のこころとからだ
  • 第6章 患者の家族を支える
  • 第7章 患者と家族に説明する
  • 第8章 看護婦からみた医療の心理
  • 第9章 薬剤師からみた医療の心理
  • おわりに 再び、自己とふれあう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ふれあいの心理学 : 医療と看護の人間関係
著作者等 古川 聡
書名ヨミ フレアイ ノ シンリガク : イリョウ ト カンゴ ノ ニンゲン カンケイ
出版元 福村
刊行年月 1998.10
ページ数 173p
大きさ 21cm
ISBN 4571200633
NCID BA38329115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99037001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想