生涯学習の社会学

赤尾勝己 著

本書は、日本の生涯学習社会について考えていく際の一つの切り口を提供しようとするものである。生涯学習社会における「発達課題」と「資格証明書主義」の問題をとりあげることで、学校教育と社会教育を貫く総体としての生涯学習をとらえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生涯学習社会の構築と「学校化」(学校教育改革の構図
  • 発達課題と人間
  • 資格証明書主義をめぐって)
  • 2 アメリカの生涯学習社会(アメリカの教育改革のゆくえ
  • 成人識字教育の展開と課題
  • 生涯学習情報提供システム-ウィスコンシン州の場合
  • 大学における「経験学習」単位の評価)
  • 3 生涯学習システムを読み解く理論装置(世界システムのなかの教育
  • 文化的・社会的再生産論とカリキュラム研究
  • E・ジェルピの生涯教育論)
  • 4 生涯学習の社会学へむけて(日本社会と生涯学習政策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生涯学習の社会学
著作者等 赤尾 勝己
書名ヨミ ショウガイ ガクシュウ ノ シャカイガク
書名別名 Shogai gakushu no shakaigaku
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 1998.11
ページ数 246p
大きさ 22cm
ISBN 447211321X
NCID BA38317728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99040511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想