暦と数の話 : グールド教授の2000年問題

スティーヴン・ジェイ・グールド 著 ; 渡辺政隆 訳

祝うべきは、2000年の正月か、2001年の正月か?1950年の正月、当時八歳だったグールド少年は、生きていれば、自分が千年に一度の瞬間に立ち会えることに気づいた。それからおよそ半世紀、グールドは進化生物学の第一人者となった。新千年紀を目前にして、暦、天文学、歴史など千年紀に関する諸問題を考察し、さらには、グールド個人にまつわる話をおりまぜながら、人間が秘める不思議な能力を問う、新たな驚きと感動の最新エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ミレニアムとは何か
  • 第2部 いつなのか
  • 第3部 なぜなのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暦と数の話 : グールド教授の2000年問題
著作者等 Gould, Stephen Jay
渡辺 政隆
グールド スティーヴン・ジェイ
書名ヨミ コヨミ ト スウ ノ ハナシ : グールド キョウジュ ノ 2000ネン モンダイ
書名別名 Questioning the millennium
出版元 早川書房
刊行年月 1998.10
ページ数 176p
大きさ 20cm
ISBN 4152081953
NCID BA38285461
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99042708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想