アジアはどう報道されてきたか

永井浩 著

「一番日本らしいところを見せてほしい」そう言われたら私たちはどこを紹介するだろうか。霞が関のビル街か、東北の農村か、京都の寺社巡りか、はたまた寅さんの下町か。日本にもさまざまな顔があるように、アジアにもさまざまな顔がある。だが報道は、その姿を正しく伝えていると言えるだろうか。長くアジア報道に携わってきた著者が、知られざるアジアの実像と報道の問題点を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「いくつものアジア」と「いくつもの日本」
  • 第2章 王さんの両手
  • 第3章 PKO「成功物語」
  • 第4章 「疾走するアジア」
  • 第5章 「ビルマからの手紙」
  • 第6章 転換期のアジア報道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアはどう報道されてきたか
著作者等 永井 浩
書名ヨミ アジア ワ ドウ ホウドウサレテキタカ
シリーズ名 ちくまプリマーブックス 125
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.10
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4480042253
NCID BA38283036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99052415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想