基礎分析化学

本浄高治 ほか共著

高度な機器も、しっかりとした分析化学の基礎知識があってこそはじめて有効に活用できる。また、試料の採取や調製、抽出、沈殿、濃縮といった基本操作やデータの処理などは、これらの機器を使う前や後に欠かせぬ大切なものである。本書は、上記のような見地にたって、大学ではじめて分析化学を学ぶ理工系の学生を対象に、分析化学の基礎的な原理や理論を解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 分析化学の基礎(分析化学とは
  • 分析化学の基礎概念 ほか)
  • 2章 定性分析と重量分析(試料の採取と調製
  • 定性分析 ほか)
  • 3章 容量分析(体積器具と標準溶液
  • 酸塩基滴定 ほか)
  • 4章 分離分析(分離分析とは
  • 溶媒抽出法 ほか)
  • 5章 分析技術の応用(分光学的方法
  • 電気化学的方法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 基礎分析化学
著作者等 今泉 洋
本浄 高治
山田 明文
永長 幸雄
沢田 清
田口 茂
長谷川 淳
上田 一正
書名ヨミ キソ ブンセキ カガク
書名別名 Kiso bunseki kagaku
出版元 化学同人
刊行年月 1998.11
ページ数 248p
大きさ 26cm
ISBN 4759808205
NCID BA38280730
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99114528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想