牛込華街読本

蒔田耕 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 卷頭の辭
  • 序 / 1
  • 華街心得帳★その一★ / 1
  • 華街心得帳★その二★ / 7
  • 二業側御主人へのお話 / 21
  • はしがき / 22
  • 第一 商賣を繁昌させるには、どうしたらいゝか / 23
  • 第二 お客樣のお氣に召すには、どうしたらいゝか / 26
  • (一) 早くするといふこと / 28
  • (二) 廉くするといふこと / 32
  • (三) 氣分を好くするといふこと / 33
  • (四) 營業の冥利を忘れぬこと / 42
  • 第三 お客樣に感心して頂ける諸設備 / 46
  • (一) 床の間 / 47
  • (二) 生花 / 55
  • (三) 花器と軸物 / 58
  • (四) 掛物と生花の取合せ / 59
  • (五) 置物・飾物・食器 / 62
  • 女中衆へのお話 / 65
  • はしがき / 66
  • 禮儀作法はむづかしくない / 68
  • お客樣が玄關にいらつした場合 / 69
  • 玄關に初めてのお客樣がいらつした時 / 70
  • 玄關にお見えになつてお座敷へお通しする時 / 72
  • お通ししたら改めて、も一度御挨拶を / 72
  • 「あがり」を差上げるには / 73
  • お座敷では煙草は禁物 / 73
  • お座敷ての坐り方 / 75
  • お客樣のお話は藝妓衆に、ご返事を / 75
  • 話上手よりも聽き上手 / 76
  • 下の方の方を大切にする / 78
  • お座敷の整頓 / 78
  • 御酒の押賣がましいことは避けて頂きたい / 79
  • お煙草の御注文の時 / 80
  • 言葉づかひは東京言葉て / 80
  • お見送りは朗らかに / 82
  • やがては一家の女將、家庭の主婦 / 83
  • 袴のたゝみ方 / 84
  • お料理の出し方 / 89
  • 藝妓衆心得 / 97
  • はしがき / 98
  • 藝妓衆心得の事 / 102
  • 組合組織の必要なる理由 / 104
  • 規約を守らねばならぬ事 / 105
  • 檢番との關係に就て / 106
  • 出先關係に就て / 107
  • 營業に就て / 108
  • 第一 藝を勉强する事 / 109
  • 第二 サービス第一義に心掛けべき事 / 111
  • (イ) 遊びは氣分である / 112
  • (ロ) スピード時代 / 112
  • (ハ) お座敷へ出るに就て / 116
  • (ニ) お客の硏究 / 116
  • (ホ) 御客樣との對話に就て / 117
  • (ヘ) 愼まねばならぬ事 / 120
  • (ト) 心得て置かねばならぬ事 / 122
  • 第三 服裝に就て / 124
  • 第四 髪容に就て / 126
  • 第五 裝身具に就て / 129
  • 營業取締規則のお話 / 133
  • どうしたら繁昌するか〔座談會〕 / 141
  • 牛込華街附近の變遷史 / 173

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 牛込華街読本
著作者等 蒔田 耕
書名ヨミ ウシゴメ カガイ ドクホン
書名別名 Ushigome kagai dokuhon
出版元 牛込三業会
刊行年月 1937.11
ページ数 243p
大きさ 23cm
NCID BA38280027
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83090674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想