手術室ケアマニュアル

北野病院中央手術部 編

無菌的操作を中心とした直接介助、間接介助には、確実かつ適切で敏速な判断と技術が要求されます。統一した看護手順に基づいたうえで、その手術の特殊性、患者の個別性をふまえた介助が常になされなければなりません。北野病院中央手術部の看護業務の中で有効に活用されてきた手術介助手順書を再編集。今回の改訂にあたっては、内視鏡下の外科、婦人科、胸部外科における手術手順、それに神経内科と脳神経外科共同で行われている定位脳手術の手術手順の改定ならびに追加が、もっとも大きな変更点で、また全般的にも、新人看護婦を対象とした分かりやすい内容にまとめています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論
  • 2 手術室看護の必須知識(麻酔
  • 薬品
  • 体位
  • 滅菌法と消毒法)
  • 3 各科手術直接介助手順(一般外科
  • 血管外科
  • 胸部外科
  • 泌尿器科 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 手術室ケアマニュアル
著作者等 北野病院
北野病院中央手術部
書名ヨミ シュジュツシツ ケア マニュアル
書名別名 Shujutsushitsu kea manyuaru
出版元 メディカ
刊行年月 1998.10
版表示 第2版.
ページ数 469p
大きさ 26cm
ISBN 4895737888
NCID BA38266478
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99102017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想