日本文藝の詩学

小西甚一 [著]

或る作品が読むひとを感動させるのはなぜか?批評は何をなすべきか?芭蕉発句を分析した画期的論考から三島由紀夫まで、文芸批評の基本を明示した9篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 分析批評のあらまし-批評の文法
  • 日本のニュウ・クリティシズム
  • 「鴨の声ほのかに白し」-芭蕉発句分析批評の試み・1
  • 「兵どもが夢のあと」-芭蕉発句分析批評の試み・2
  • 芭蕉と唐宋詩
  • 禅林詩と芭蕉俳諧
  • 「さび」の系譜
  • 三島由紀夫と古典-真実と虚偽の彼岸
  • 三島文学への古典の垂跡-『獣の戯れ』と「求塚」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文藝の詩学
著作者等 三島 由紀夫
小西 甚一
松尾 芭蕉
書名ヨミ ニホン ブンゲイ ノ シガク : ブンセキ ヒヒョウ ノ ココロミ ト シテ
書名別名 分析批評の試みとして
出版元 みすず書房
刊行年月 1998.11
ページ数 302p
大きさ 20cm
ISBN 4622046687
NCID BA38248567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99045022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想