アイデンティティの社会理論 : 転形期日本の若者たち

豊泉周治 著

「虚構」の時代の果てに立つ現代日本人。とりわけて若者たちは、この困難な場から"他者の消去"(終末)に向かうのか、"他者との対等な関係"の構築(再生)へと向かっていくのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 アイデンティティ危機の現在
  • 第1章 転形期の近代
  • 第2章 大衆社会的統合の変容
  • 第3章 虚構の時代のリアリティ
  • 第4章 大衆教育社会の自己形成
  • 第5章 転形期のアイデンティティ-「終末」から再生へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アイデンティティの社会理論 : 転形期日本の若者たち
著作者等 豊泉 周治
書名ヨミ アイデンティティ ノ シャカイ リロン : テンケイキ ニホン ノ ワカモノタチ
書名別名 Aidentiti no shakai riron
シリーズ名 シリーズ現代批判の哲学
出版元 青木書店
刊行年月 1998.10
ページ数 204p
大きさ 20cm
ISBN 425098043X
NCID BA38196769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99045172
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想