中世武家政権と政治秩序

金子拓 著

武家政権は律令的官位制を取り入れ、主従関係の媒介とした。また官途授与の返礼や慶事の贈与交換は「礼」と呼ばれ、政治権力の形成と維持のための契機となった。この二つの視点から、中世の政治秩序を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 中世武家政権と律令的官位制(鎌倉幕府・御家人と官位
  • 初期室町幕府・御家人と官位
  • 中期室町幕府・御家人と官位
  • 戦国期室町幕府・大名・国人と官位-「歴名土代」をめぐって)
  • 第2部 中世後期における「礼の秩序」の形成と機能(室町時代における贈与交換-進物折紙と室町幕府財政
  • 室町殿南都下向をめぐる負担-贈与の構造と「御礼」
  • 室町殿東寺御成のパースペクティヴ-永享十一年義教御成を中心に
  • 室町殿をめぐる「御礼」参賀の成立
  • 中世後期における守護権力と「礼」-東寺領丹波国大山荘・播磨国矢野荘を中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世武家政権と政治秩序
著作者等 金子 拓
書名ヨミ チュウセイ ブケ セイケン ト セイジ チツジョ
書名別名 Chusei buke seiken to seiji chitsujo
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.12
ページ数 303, 14p
大きさ 22cm
ISBN 4642027696
NCID BA38192917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99060663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想