したしむ電磁気

志村史夫 監修 ; 小林久理真 著

本書は電磁気学に親しむことを主眼に書いた書物である。前半では数学はほとんど使わないで電磁気学の概説を説明した。しかし、後半部分の本文でも説明したように、数学は自然を記述するにはとても便利な一種の言語であって、数学の使用で話した内容がきわめてスッキリ記述できることも事実である。また、読者が他の専門書を勉強する際に、本書で得た知識が何の助けにもならないと筆者も責任を感じることになるので、後半部分では前半部分の説明との対応に注意しつつ数学を導入した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序章
  • 2 力学の概念と電磁気学
  • 3 数式を使わない電磁気学の概念
  • 4 電磁気学を表現するための数学的道具
  • 5 数学的表現も用いた電磁気学(マクスウェル方程式再論)
  • 6 電磁気学の応用例
  • 7 まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 したしむ電磁気
著作者等 小林 久理真
志村 史夫
書名ヨミ シタシム デンジキ
シリーズ名 したしむ物理工学
出版元 朝倉書店
刊行年月 1998.10
ページ数 145p
大きさ 21cm
ISBN 4254227620
NCID BA38181284
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99035168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想