歴史としての核時代

紀平英作 著

核軍備の拡大競争が開始された第二次世界大戦後の数年間が、この書物のあつかう時代である。そのとき、核軍拡競争をできればさけたいと願い行動した人びとがいた。しかし、歴史は彼らの期待にそわなかった。実際の歴史がたどった道は、こころよいものではなかった。ただ、どれほどに不合理であったとしても、核競争が始まった時代の歴史を確かめなければ、われわれ自身の今日も展望できないであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • バートランド・ラッセルの警告
  • 1 核兵器開発か、原子力の平和利用か
  • 2 原子力開発国際管理構想
  • 3 国際管理構想の挫折
  • 4 核競争の開始

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史としての核時代
著作者等 紀平 英作
書名ヨミ レキシ ト シテノ カク ジダイ
書名別名 Rekishi to shiteno kaku jidai
シリーズ名 世界史リブレット 50
出版元 山川出版社
刊行年月 1998.10
ページ数 106p
大きさ 21cm
ISBN 4634345005
NCID BA38166393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99040451
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想