芸の秘密

渡辺保 著

歌舞伎は、デフォルメされた化粧や衣裳といった非日常的な要素をもちながら、観客にリアリティを感じさせる不思議な世界である。舞台の上で白拍子花子を演じる歌右衛門は、あくまでも歌右衛門という役者個人でありながら、観客の目の前で白拍子花子その人になり、女そのものになる。リアリズムを追求する近代劇の「演技」とは全く異なる歌舞伎の「芸」の本質を、江戸時代の役者の芸談と生き方に探る。五十人の役者の姿を生き生きと描きながら、「芸」の体系化を試みる、秀逸の歌舞伎読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「芸」とはなにか
  • 名女形の視線-杉九兵衛
  • 敵役のいじめ-山中平九郎
  • 豪奢な食膳-坂田藤十郎
  • 古人の三幕-竹島幸左衛門と二代目嵐三右衛門
  • 女形の教訓-山下京右衛門
  • 女形は顔ではない-荻野沢之丞
  • 敵役の眼-初代片岡仁左衛門
  • 荒事の魅力-初代市川団十郎
  • 遊びごころ-初代中村七三郎〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸の秘密
著作者等 渡辺 保
書名ヨミ ゲイ ノ ヒミツ
シリーズ名 角川選書 299
出版元 角川書店
刊行年月 1998.10
ページ数 352p
大きさ 19cm
ISBN 4047032999
NCID BA38165980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99037698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想