越境する民 : 近代大阪の朝鮮人史研究

杉原達 著

近代大阪の発展は朝鮮からの労働者ぬきには考えられない。暮らしの中で朝鮮人と出会った日本人の外国人認識はどのように形成されてきたのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 大阪・今里からの世界史
  • 第1章 春玉たちの大阪-在阪朝鮮人史の特徴
  • 第2章 済州島から猪飼野へ-在阪朝鮮人の渡航過程
  • 第3章 「君が代丸」考-大阪済州島航路の開設と展開
  • 第4章 ゴム工場の街・猪飼野-在阪朝鮮人の定着過程
  • 第5章 「同化」のまなざし-朝鮮人をめぐる近代都市大阪の言説空間
  • 終章 大阪・今里からの世界史再論-むすびにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越境する民 : 近代大阪の朝鮮人史研究
著作者等 杉原 達
書名ヨミ エッキョウスル タミ : キンダイ オオサカ ノ チョウセンジンシ ケンキュウ
書名別名 Ekkyosuru tami
出版元 新幹社
刊行年月 1998.9
ページ数 234p
大きさ 20cm
ISBN 4915924939
NCID BA38155466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20000202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想