世界なき人間

ギュンター・アンダース [著] ; 青木隆嘉 訳

カフカ、デーブリーン、ブレヒト、ブロッホ、グロッス等を論じ、これらの作家の「偽瞞のメカニズムとのたたかい」に世界を失った人間の現実と「負の存在論的なもの」を読み取り、真のリアリティをもとめて根源的主題の転回をはかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論
  • デーブリーン論
  • カフカ論
  • ブレヒト論
  • ハートフィールド論
  • ブロッホ論
  • グロッス論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界なき人間
著作者等 Anders, Günther
青木 隆嘉
Anders G¨unther
アンダース ギュンター
書名ヨミ セカイ ナキ ニンゲン : ブンガク ビジュツ ロンシュウ
書名別名 Mensch ohne Welt

文学・美術論集

Sekai naki ningen
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 613
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.10
ページ数 354p
大きさ 20cm
ISBN 4588006134
NCID BA38154011
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99057801
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想