スコットランド史 : その意義と可能性

ロザリンド・ミスチン 編 ; 富田理恵, 家入葉子 訳

[目次]

  • 第1章 王国の成立
  • 第2章 中世スコットランド-独立のための戦い
  • 第3章 ルネサンスと宗教改革の時代
  • 第4章 17世紀スコットランド史-黄昏か暁闇か
  • 第5章 議会の合同、ジャコバイト主義、啓蒙主義
  • 第6章 工業化と都市化の進む社会-1780‐1840年
  • 第7章 ヴィクトリア時代の変容
  • 第8章 現代のスコットランド-人々の記憶

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スコットランド史 : その意義と可能性
著作者等 Mitchison, Rosalind
家入 葉子
富田 理恵
ミチスン ロザリンド
書名ヨミ スコットランドシ : ソノ イギ ト カノウセイ
書名別名 Why Scottish history matters. (2nd ed.)
出版元 未來社
刊行年月 1998.10
ページ数 220, 37p
大きさ 20cm
ISBN 4624111680
NCID BA38135946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99040151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想