日本文字史の研究

杉本つとむ 著

日本語の文字使用の歴史と異体字・宛字の論。古代より現代に至る文字使用の実態を検証し現代日本語の抱える表記上の問題点を浮彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の漢字とその本質-反ソシュール<文字論>への試み
  • 第2章 日本文字史の構想
  • 第3章 漢字周辺文字としての仮字
  • 第4章 片仮字の本質
  • 第5章 異体字と正体字の論
  • 第6章 異体字と異体字研究
  • 第7章 異体字とその史的考察
  • 第8章 中世写本にみる異体字・俗字の考察
  • 第9章 宛字の論
  • 第10章 句読法の史的考察
  • 第11章 日本語、文字と表記

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文字史の研究
著作者等 杉本 つとむ
書名ヨミ ニホン モンジシ ノ ケンキュウ
シリーズ名 杉本つとむ著作選集 / 杉本つとむ 著 5
出版元 八坂書房
刊行年月 1998.10
ページ数 556p
大きさ 23cm
ISBN 4896947754
NCID BA38105672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99056535
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想