リベラリズム : <個の自由>の岐路

吉崎祥司 著

世紀末から21世紀へ、挑戦する哲学の書き下ろしシリーズ。「個人の自由」と「自己決定」の擁護-今日支配的に見えるこの思想は、環境倫理・生命倫理・多文化主義などの挑戦を受け、新たな展開を遂げうるのか。リベラリズムの闇と希望を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 リベラリズムの現在
  • 第2章 リベラリズムの思想史的前提
  • 第3章 現代リベラリズムの諸問題
  • 第4章 「自己決定」はどこまで可能か
  • 第5章 リベラリズムとの対話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リベラリズム : <個の自由>の岐路
著作者等 吉崎 祥司
書名ヨミ リベラリズム : コ ノ ジユウ ノ キロ
書名別名 Riberarizumu
シリーズ名 シリーズ現代批判の哲学
出版元 青木書店
刊行年月 1998.10
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 4250980448
NCID BA38093278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99045171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想