建設副産物 : 建設廃棄物の処理とリサイクル

石井一郎 編著 ; 丸山暉彦 ほか共著

廃棄物の中で量的に最も多いのが建設廃材である。建設廃材は大きく分けて、(1)原材料として利用が不可能なもの、(2)原材料としてリサイクル利用の可能性のあるもの、(3)そのまま原材料となるものに分かれる。そして(2)と(3)が今後の建設工事の中心となることから、これらは建設副産物と呼ばれるようになった。本書は社会人となった土木技術者を対象とした入門書であるが、大学・高等専門学校・短期大学・専門学校の土木工学関連学科の教科書としても使えるように配慮した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 廃棄物の歴史と公害
  • 第2章 一般廃棄物
  • 第3章 産業廃棄物
  • 第4章 資源再利用(リサイクル)
  • 第5章 コンクリート塊
  • 第6章 アスファルト・コンクリート塊の再生
  • 第7章 建設発生木材
  • 第8章 建設汚泥
  • 第9章 建設発生土
  • 第10章 廃棄物の処理と処分
  • 第11章 土壌と地下水の汚染

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建設副産物 : 建設廃棄物の処理とリサイクル
著作者等 丸山 暉彦
石井 一郎
上浦 正樹
亀野 辰三
石井 礼次
石田 哲朗
元田 良孝
書名ヨミ ケンセツ フクサンブツ : ケンセツ ハイキブツ ノ ショリ ト リサイクル
出版元 森北
刊行年月 1998.10
ページ数 178p
大きさ 22cm
ISBN 4627944918
NCID BA37983892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99037212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想