今物語

藤原信実 著 ; 三木紀人 全訳注

三十六歌仙絵を描いたとも言われる、歌人藤原信実の編んだ『今物語』は、53編からなる中世説話文学の傑作である。和歌や連歌を話の主軸に据え、女房の深い教養に裏づけされた機知に富んだやりとりなど、王朝時代の雅びの世界を織りなす逸話から、貴族社会の裏話や失敗談などを簡潔な和文で綴る。豊かで魅力的な風流譚・恋愛譚・滑稽譚の数々は、鳥羽院政期以降の社会と人々の生活の一面を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 弁の姿
  • 忠度と扇
  • 雪の朧月夜
  • 蛍火
  • 櫛をともす
  • うしろむき
  • 降れや雨
  • 夏引の糸
  • 玉みくり
  • やさし蔵人〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今物語
著作者等 三木 紀人
藤原 信実
書名ヨミ イマ モノガタリ
書名別名 Ima monogatari
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1998.10
ページ数 371p
大きさ 15cm
ISBN 406159348X
NCID BA3798009X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99039891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想