英国外交官の見た幕末維新 : リーズデイル卿回想録

A.B.ミットフォード 著 ; 長岡祥三 訳

近代日本幕開けの原動力は何か。西洋列強の脅威にさらされた日本は国際社会に如何に参加していったか。本書は、維新期の四年間を我国で過した英国外交官の眼が捉えた臨場感あふれる記録である。明治天皇・徳川慶喜との会見、時代を先導した藩主や志士達との交流、外国人襲撃事件、維新の波の中に迸り出る民衆の底力等を鮮明に綴る。「外圧」にゆれる現代日本にとっても示唆に富む貴重な史料である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本への赴任
  • 第2章 将軍との会見
  • 第3章 加賀から大坂への冒険旅行
  • 第4章 内戦と備前事件
  • 第5章 容堂公と堺事件
  • 第6章 天皇の謁見
  • 第7章 大坂での外交交渉
  • 第8章 旧体制から新体制へ
  • 第9章 エジンバラ公の訪日

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英国外交官の見た幕末維新 : リーズデイル卿回想録
著作者等 Redesdale, Algernon Bertram Freeman-Mitford
Redesdale, Algernon Bertram Freeman-Mitford, Baron
長岡 祥三
Freeman‐Mitford A.B.
フリーマン・ミットフォード A.B.
書名ヨミ エイコク ガイコウカン ノ ミタ バクマツ イシン : リーズデイル キョウ カイソウロク
書名別名 Memories
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1998.10
ページ数 291p
大きさ 15cm
ISBN 4061593498
NCID BA37950623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99039890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想