震災と都市 : 阪神大震災をめぐって

第16回中央大学学術シンポジウム研究叢書編集委員会 編

本書には中央大学主催の中央大学学術シンポジウム当日に発表された論文、プロジェクトチーム研究員の個別研究論文計7編を掲載。第2部は学術シンポジウムの記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 研究論文(被災区分所有建物の復興-権利変換方式の効用と限界
  • アジアの国際物流ネットワークと阪神・淡路大震災の影響
  • 阪神・淡路大震災に伴う神戸港の貿易取引に関する一考察
  • 精神医学と阪神・淡路大震災
  • 震災後の市民生活
  • 兵庫県南部地震と地盤工学
  • 阪神・淡路大震災がエンジニアに残した教訓)
  • 第2部 学術シンポジウム記録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 震災と都市 : 阪神大震災をめぐって
著作者等 中央大学
シンポジウム研究叢書編集委員会
書名ヨミ シンサイ ト トシ : ハンシン ダイシンサイ オ メグッテ
書名別名 Shinsai to toshi
シリーズ名 中央大学学術シンポジウム研究叢書 1
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1998.9
ページ数 188p
大きさ 22cm
ISBN 4805761318
NCID BA37937363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99036900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想