コミュニティの法理論

名和田是彦 著

本書は、現代のコミュニティは、単なる行政の下請けでもなく、地域福祉などのボランティア活動の担い手にもとどまらず、社会的決定の主体でもありうることをラディカルに主張する、現代自由学芸の騎士による時代診断・時代予測の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 決定権限の分散現象についての問題提起-真野まちづくりと神戸市まちづくり条例
  • 第2章 ドイツにおける決定権限の分散-ドイツの「自治体内下位区分」とブレーメン市の地域評議会
  • 第3章 コミュニティ制度の日独比較は可能か
  • 第4章 決定権限の地域分散の構造
  • 第5章 コミュニティへの道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コミュニティの法理論
著作者等 名和田 是彦
書名ヨミ コミュニティ ノ ホウ リロン
シリーズ名 現代自由学芸叢書
出版元 創文社
刊行年月 1998.9
ページ数 159, 24p
大きさ 22cm
ISBN 4423730898
NCID BA37936520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99037078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想