進化経済学とは何か

進化経済学会 編

「経路依存症」「非線型性」「慣行」「不確実性」「サーチ」「推移確率」「突然変異」などの新しい概念を生み出しつつ発展する新しい経済学への待望の案内書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 進化経済学への期待(進化的経済理論の観点
  • 経済学とダーウィニズム
  • 経路依存性の開錠とオプション分担方式-日本の巨大技術開発の経験からの教訓
  • ノイズからカオス、さらに複雑系へ ほか)
  • 2 進化経済学とは何か(進化経済学への学問的遺産
  • 複雑系と進化
  • 進化ゲームの評価
  • 制度論とその可能性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 進化経済学とは何か
著作者等 進化経済学会
書名ヨミ シンカ ケイザイガク トワ ナニカ
出版元 有斐閣
刊行年月 1998.9
ページ数 181p
大きさ 22cm
ISBN 4641160414
NCID BA37931185
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99040494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想