韓国陶瓷史の研究

尹龍二 著 ; 弓場紀知 監修 ; 片山まび 訳

本書は著者の真摯かつ円満な資質によって、過去の研究史に充分配慮しながら、研究の現況をのこりなく、しかも平明に伝えるもので、韓国陶磁の研究者愛好家の座右の書として、大いに役立つものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(韓国陶瓷通史
  • 高麗・朝鮮陶瓷の時期区分論
  • 韓国の陶瓷窯址)
  • 2 高麗陶瓷(高麗陶瓷の変遷
  • 莞島海底引揚陶瓷の総合考察
  • 十四世紀の干支銘象嵌青瓷 ほか)
  • 3 朝鮮陶瓷(朝鮮陶瓷の変遷
  • 粉青瓷の消滅と白瓷の発達
  • 分院の成立と変遷 ほか)
  • 4 付録(北朝鮮の陶瓷
  • 韓国陶瓷窯址一覧
  • 韓国陶瓷窯址地図 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国陶瓷史の研究
著作者等 尹 龍二
弓場 紀知
片山 まび
書名ヨミ カンコク トウジ シ ノ ケンキュウ
出版元 淡交社
刊行年月 1998.10
ページ数 535p
大きさ 22cm
ISBN 4473016250
NCID BA37875743
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99040019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想