天然物化学

田中治 ほか編

天然物化学の急速な進歩と天然物の利用の拡大、日本薬局方の改正などに対応して、大規模な改訂を行い、第5版を出版することになった。各章の内容の更新と充実をはかり、化合物の名称記載や立体構造式の表示の統一などを行った。天然物と遺伝子の章を新たに設け、アルカロイドの章とその他の含窒素化合物の章を整理して1つの章とし、記述の重複を避け、一貫性を持たせた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論(序論
  • 医薬品開発と天然物化学 ほか)
  • 各論(脂肪酸関連化合物
  • 糖質
  • テルペノイド
  • カロテノイドおよびビタミンA
  • ステロイド
  • フェニルプロパノイド
  • キノン
  • γ‐ピロン類 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天然物化学
著作者等 田中 治
永井 正博
相見 則郎
野副 重男
書名ヨミ テンネンブツ カガク
シリーズ名 Integrated essentials
出版元 南江堂
刊行年月 1998.10
版表示 改訂第5版.
ページ数 496p
大きさ 26cm
ISBN 4524401415
NCID BA37864973
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99074724
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想