企業会計論

松吉定男 著

本書は、資本会計から始めて資産会計、負債会計、収益会計、費用会計の順で記述されている。資本会計以外の会計は、その展開部分でしかない、と考えられているので、その展開は、資本の増分としての利益への資産・負債からのアプローチとなる。この資産・負債アプローチに対して、収益会計・費用会計から始めるとなると、収益・費用アプローチをとったことになる。本書は、財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(通称、財務諸表規則)をベースにしている。しかし、従来の類書にはない思い切った試みもしている。理論の分野では、大幅な記述の簡略化を行い、さらに、条文参照の分野では、但し書きや項を省略することにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 会計の意義
  • 資本会計
  • 資本会計
  • 負債会計
  • 収益会計
  • 費用会計
  • 財務諸表
  • 経営分析
  • 会計理論
  • 企業会計原則〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業会計論
著作者等 松吉 定男
書名ヨミ キギョウ カイケイ ロン
書名別名 Kigyo kaikei ron
出版元 多賀
刊行年月 1998.10
ページ数 182p
大きさ 22cm
ISBN 4811551419
NCID BA37817532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99042738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想