色からうける重軽および暖寒の感じと色の三要素との関係の調査

大塚真三 著

[目次]

  • 目次
  • I 色からうける重い感じ軽い感じおよび暖い感じ寒い感じについての調査の集計 / p3
  • 第1表 色からうける重い軽いの感じと暖い寒いの感じとの調査の集計表 / p4
  • II 色の重軽感および暖寒の感じと色相との関係 / p8
  • 第2表a 色相のみ異っていて明度彩度が同じ場合の色の重軽感および暖寒の感じの集計表 / p8
  • グラフA 色からうける重い感じが色相とどんな関係にあるかを知るためのグラフ / p12
  • グラフAa 彩度1の場合
  • グラフAb 彩度2の場合
  • グラフAc 彩度3の場合
  • グラフAd 彩度4の場合
  • グラフAe 彩度5の場合
  • グラフAf 彩度6の場合
  • グラフAg A(a~f)の要約
  • グラフB 色からうける軽い感じが色相とどんな関係にあるかを知るためのグラフ / p15
  • グラフBa 彩度1の場合
  • グラフBb 彩度2の場合
  • グラフBc 彩度3の場合
  • グラフBd 彩度4の場合
  • グラフBe 彩度5の場合
  • グラフBf 彩度6の場合
  • グラフBg B(a~f)の要約
  • 第1図 色からうける重い軽いの感じと24色環との関係 / p18
  • グラフC 色からうける暖い感じが色相とどんな関係にあるかを知るためのグラフ / p19
  • グラフCa 彩度1の場合
  • グラフCb 彩度2の場合
  • グラフCc 彩度3の場合
  • グラフCd 彩度4の場合
  • グラフCe 彩度5の場合
  • グラフD 色からうける感じが色相とどんな関係にあるかを知るためのグラフ / p22
  • グラフDa 彩度1の場合
  • グラフDb 彩度2の場合
  • グラフDc 彩度3の場合
  • グラフDd 彩度4の場合
  • グラフDe 彩度5の場合
  • グラフDf 彩度6の場合
  • 第2図 色からうける暖い寒いの感じと24色環との関係 / p24
  • 第2表b 色からうける重軽感の中間性および暖寒の感じの中間性と色相との関係 / p25
  • III 色の重軽感および暖寒の感じと明度との関係 / p27
  • 第3図 色からうける重軽および暖寒の感じと明度との関係を示す図 / p29
  • 第3表a 明度のみ異っていて色相彩度が同じ場合の色の重軽および暖寒の感じの集計表 / p30
  • 第3表b 色からうける重軽感の中間性および暖寒の中間性と色相との関係 / p34
  • IIII 色の重軽感および暖寒の感じと彩度との関係 / p34
  • 第4表 彩度のみ異っていて色相明度が同じ場合の色の重軽感および暖寒の感じの集計表 / p36
  • 第5表 色相と明度とが同じで彩度のみ異る場合の重く感じられた数と彩度との関係を色相別に示す表 / p39
  • 第6表 色相と明度とが同じで彩度のみ異る場合の軽く感じられた数と彩度との関係を色相別に示す表 / p40
  • 第7表 色相と明度とが同じで彩度のみ異る場合の暖く感じられた数と彩度との関係を色相別に示す表 / p41
  • 第8表 色相と明度とが同じで彩度のみ異る場合の寒く感じられた数と彩度との関係を色相別に示す表 / p42
  • 第4図 色からうける重軽の感じと彩度との関係図 / p43
  • 第5図 色からうける暖寒の感じと彩度との関係図 / p43
  • V この調査からえられる色の重軽感および暖寒の感じと色の三要素との関係の見通し / p44

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 色からうける重軽および暖寒の感じと色の三要素との関係の調査
著作者等 大塚 真三
麗沢短期大学
書名ヨミ イロ カラ ウケル ジュウケイ オヨビ ダンカン ノ カンジ ト イロ ノ サンヨウソ ト ノ カンケイ ノ チョウサ
シリーズ名 麗沢短期大学研究叢書 ; 第4
出版元 麗沢短期大学
刊行年月 1955
ページ数 45p
大きさ 21cm
NCID BA37775250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56006732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想