靖国神社と日本人

小堀桂一郎 著

靖国神社は、先祖崇拝という日本古来の民間習俗の発露として明治二年に創建され、以来百三十年間日本人の信仰と道徳観を護ってきた。なぜ、戦後の時代の渦の中でたびたび問題として浮上し、歪んだイメージで語られるようになったのだろうか?本書では、お社の発祥・創建に溯り、栄光から屈辱、安寧から危険という戦前から戦後への変遷の歴史を描き出すことで現代の日本を見つめ直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 靖国神社とは何か
  • 第2章 明治・大正・昭和三代
  • 第3章 停戦直後の混乱と危機
  • 第4章 靖国神社をめぐる諸問題
  • 第5章 靖国神社の現在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 靖国神社と日本人
著作者等 小堀 桂一郎
書名ヨミ ヤスクニ ジンジャ ト ニホンジン
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 1998.8
ページ数 276p
大きさ 18cm
ISBN 4569601502
NCID BA37730048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99019639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想