植民地のなかの「国語学」

安田敏朗 著

国語学者・時枝誠記にとって植民地朝鮮とはいかなる場であったのか。その言語理論「言語過程説」から、どのような「国語政策」が導き出されたのか。「国」の名を冠した学問体系に絡め取られていった一国語学者の時代像を、当時の他の研究者の議論や朝鮮総督府の政策などとともに総合的に描き出し、「国語学」の構造を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

国語学者・時枝誠記にとって植民地朝鮮とはいかなる場であったのか。その言語理論「言語過程説」から、どのような「国語政策」が導き出されたのか。「国」の名を冠した学問体系に絡め取られていった一国語学者の時代像を、当時の研究者の議論や朝鮮総督府の政策などとともに、総合的に描き出し、「国語学」の構造を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「一国国語学」の閉鎖性
  • 第1章 東京帝国大学国語研究室と京城帝国大学
  • 第2章 時枝の言語観と言語政策への関心
  • 第3章 「皇国臣民の誓詞」をめぐって
  • 第4章 時枝誠記の言語政策関与の論理
  • 第5章 朝鮮総督府の国語普及政策と時枝の国語普及方針
  • 第6章 時枝誠記以外の「国語一元化」論
  • 第7章 京城帝国大学在職の言語・文学系統研究者の異言語意識
  • 終章 敗戦後との関わり-「一国国語学」をこえて

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「一国国語学」の閉鎖性
  • 第1章 東京帝国大学国語研究室と京城帝国大学
  • 第2章 時枝の言語観と言語政策への関心
  • 第3章 「皇国臣民の誓詞」をめぐって
  • 第4章 時枝誠記の言語政策関与の論理
  • 第5章 朝鮮総督府の国語普及政策と時枝の国語普及方針
  • 第6章 時枝誠記以外の「国語一元化」論
  • 第7章 京城帝国大学在職の言語・文学系統研究者の異言語意識
  • 終章 敗戦後との関わり-「一国国語学」をこえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植民地のなかの「国語学」
著作者等 安田 敏朗
書名ヨミ ショクミンチ ノ ナカ ノ コクゴガク
書名別名 Shokuminchi no naka no kokugogaku
出版元 三元社
刊行年月 1998.8
版表示 新装版.
ページ数 245p
大きさ 19cm
ISBN 4883030407
NCID BA30433521
BA37695923
BA52570898
BA82720333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20002033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想