砂糖と酪農の政策

国際農業・食料・貿易政策協議会 著 ; 須長昭治 訳

本書は、IPCが砂糖と酪農に関する次期多国間農業交渉の課題を分析したものをまとめたものである。わが国の関係農業者や食品産業、消費者などがこの問題を考える際の優れた情報資料となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ポスト・ウルグアイラウンド時代の砂糖政策-IPCポジション・ペーパーNo.1
  • 世界の甘味料貿易の自由化に伴う諸問題-(IPC)甘味料検討委員会報告書
  • IPC砂糖/甘味料フォーラム第1ステージ議事録
  • 米国の砂糖政策の背景
  • カナダの砂糖政策-改革のモデル
  • ポスト・ウルグアイラウンド期の酪農政策-IPCポジション・ペーパーNo.2
  • 国際農業・食料・貿易政策協議会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 砂糖と酪農の政策
著作者等 吉岡 裕
国際農業食料貿易政策協議会
須長 昭治
書名ヨミ サトウ ト ラクノウ ノ セイサク
シリーズ名 時事叢書世界の食料・農業問題 / 吉岡裕 編・監訳 no.5
出版元 農林統計協会
刊行年月 1998.9
ページ数 84p
大きさ 21cm
ISBN 4541024071
NCID BA3765925X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99093248
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想