「知」の頂点 : 日本の学術をリードする人々

加藤寛一郎 著

「現代のアインシュタイン」「日本のホーキング」たちの才能・資質とは。世界に通用する日本の「知」の巨人たちに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 十万人に一人の人々
  • 第1章 この世で信じるものは、客観性と論理性(吉川弘之)
  • 第2章 研究は瑞々しく、単純明快に(野依良治)
  • 第3章 ハングリーでないと、学問はできない(佐藤勝彦)
  • 第4章 工学は実学であり、実学は雑学である(筏義人)
  • 第5章 世界のトレンドにインパクトを与えたい(安西祐一郎)
  • 第6章 よい時代に生まれ合わせたと思う(松原謙一)
  • 第7章 不満は発明の母、不信は発明の父である(伊賀健一)
  • 第8章 象の背中に乗ると、視野が開ける(中根千枝)
  • 第9章 日本の大学は危機に瀕している(大崎仁)
  • 補章 名人は一生をかけて仕事を楽しむ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「知」の頂点 : 日本の学術をリードする人々
著作者等 加藤 寛一郎
書名ヨミ チ ノ チョウテン : ニホン ノ ガクジュツ オ リードスル ヒトビト
出版元 講談社
刊行年月 1998.9
ページ数 398p
大きさ 20cm
ISBN 4062093235
NCID BA37657083
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99031582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想