文科系のためのC

大駒誠一 著

本書では、C言語の説明は、文法の厳密さよりは、わかりやすさを旨とし、普通に使う分には特に必要ないと思われる事項は意識的に説明を省き、重要なことは重複を恐れず何回も述べた。本文では、例題をどうプログラムとして表現するかに重点を置き、文法として重要なことは章毎に文法ノートとしてまとめた。一度本文を読んだら、あとは索引を見て、文法ノートだけを見ればよいようになっている。そのために索引はできるだけ充実させた。そして、C言語の本には必ずでてくるオブジェクトだのファイルスコープだのとわかりにくい表現は避け、できるだけ平易な表現を使った。かといって、変数とか関数という用語までは使わないわけにはいかないので、いわゆる、コンピュータ用語はいろいろ使ってはいるが、最小限にした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 誕生日おめでとう-簡単なCのプログラム
  • 2 物価上昇率-計算と繰り返し
  • 3 鶴亀算-条件
  • 4 試験結果の処理-ファイル
  • 5 文字の出現回数-関数と配列
  • 6 絵を描く-文字の出力
  • 7 英単語の出現回数-構造体
  • 8 電卓-プログラムテスト
  • 9 製列-順序をそろえる
  • 10 ゲーム-コンピュータと遊ぶ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文科系のためのC
著作者等 大駒 誠一
書名ヨミ ブンカケイ ノ タメノ C
シリーズ名 Information & computing 99
出版元 サイエンス社
刊行年月 1998.9
ページ数 220p
大きさ 21cm
ISBN 4781908861
NCID BA37644048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99037036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想