廣末保著作集  第2巻

廣末保 著

近松の『出世景清』における悲劇の方法、及び『曾根崎心中』『堀川波鼓』『心中天の網島』などの代表的世話悲劇の成立・展開を考察し、戦後の近世文学・江戸文化研究の先駆的一里程標を築いた画期的名著と関連論考を収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近松序説-近世悲劇の研究(近世悲劇への道
  • 世話悲劇の成立
  • 世話悲劇の展開
  • 『心中天の網島』展開その三
  • 『女殺油地獄』の位置
  • 主題の分裂について-『丹波与作待夜の小室節』と『長町女腹切』
  • 近松における「語り」と「ドラマ」-世話浄瑠璃について
  • 紀海音
  • 死と蘇生-『曾根崎心中』の「観音廻り」
  • 語りもの演劇とことば-近松の芸論にふれながら
  • 近松の時代浄瑠璃-歴史(過去)について、公的性格について
  • 「観音廻り」のお初-出現のドラマ
  • 悲劇について
  • 民衆の作家近松-その人間的闘いの悲劇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 廣末保著作集
著作者等 広末 保
書名ヨミ ヒロスエ タモツ チョサクシュウ
書名別名 近松序説 : 近世悲劇の研究

Hirosue tamotsu chosakushu
巻冊次 第2巻
出版元 影書房
刊行年月 1998.9
ページ数 428p
大きさ 20cm
ISBN 4877142606
NCID BA37636196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99029980
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想