香料文化誌 : 香りの謎と魅力

C.J.S.トンプソン 著 ; 駒崎雄司 訳

「香り」は世界中で様々な方法で楽しまれている。いったい「香り」は、いつ・どこで・どのように使い始められ、どのように用いられてきたのか。古今東西の膨大な資料を基に展開される、紀元前から近代までの「香り・香料」の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代の香料(最初の花園
  • 古代文明民族が用いた香料
  • ペルシア人とアラビア人の香料 ほか)
  • 中世・近世の香料(ロンドンの香料商
  • イタリアとフランスの香料技術 ほか)
  • 香料雑記(香料のつくり方
  • 動物の分泌物から採る香分 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 香料文化誌 : 香りの謎と魅力
著作者等 Thompson, C. J. S.
Thompson, Charles John Samuel
駒崎 雄司
Thompson C.J.S.
書名ヨミ コウリョウ ブンカシ : カオリ ノ ナゾ ト ミリョク
書名別名 The mystery and lure of perfume
出版元 八坂書房
刊行年月 1998.8
ページ数 232, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4896944178
NCID BA37616337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99034498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想