物語ラテン・アメリカの歴史

増田義郎 著

かつては高度の神殿文化を生み出しながら、16世紀以来ラテン・アメリカは常に外部の世界に従属してきた。スペイン、ポルトガルの征服と植民地支配、イギリスはじめ列強の経済的支配、アメリカの政治的影響。独立後も独裁制から民主制へ、統制経済から自由経済へと激動が続く。ラテン・アメリカ諸国は共通の文化的伝統を基盤に、いかに苦悩の歴史と訣別し、自立と自己表現を達成するか。恐竜の時代から現代まで、長大なタイムスケールで描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 新世界
  • 1 古代アメリカ人の世界
  • 2 侵入者
  • 3 事業家としての征服者
  • 4 イベロアメリカの成立
  • 5 16世紀の変動
  • 6 成熟する植民地社会
  • 7 反乱の世紀
  • 8 自由な空間を求めて
  • 9 開かれた空間における独立と従属
  • 10 20世紀のラテン・アメリカ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語ラテン・アメリカの歴史
著作者等 増田 義郎
書名ヨミ モノガタリ ラテン アメリカ ノ レキシ : ミライ ノ タイリク
書名別名 未来の大陸
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1998.9
ページ数 265p
大きさ 18cm
ISBN 4121014375
NCID BA37545261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99043112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想