回路理論  2

伊瀬敏史 ほか共著

本書は大学1、2年学生用に書かれた回路理論に関する入門書である。回路理論は電気系学生にとって電磁気学とともに必ず修得しておかなければならない必修の科目である。本書は、筆者の一人が長年大阪大学工学部で行ってきた講義ノートをもとに、それに追加と改修を加えてまとめたものである。パルス回路などに見られる過渡的な時間応答に焦点を当てている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 過渡応答の基本解法
  • 2 ラプラス変換
  • 3 ラプラス変換による回路解析
  • 4 線型回路の応答
  • 5 1ポート回路
  • 6 2ポート回路
  • 7 状態方程式による解析
  • 8 分布定数回路

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 回路理論
著作者等 伊瀬 敏史
前田 肇
熊谷 貞俊
白川 功
書名ヨミ カイロ リロン
巻冊次 2
出版元 コロナ社
刊行年月 1998.9
ページ数 172p
大きさ 26cm
ISBN 4339006955
NCID BA37540938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99024957
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想