論争・近未来の日本農業 : グローバルに考えローカルに実践する

中安定子 ほか著

本書は、二十一世紀にむけての、日本の食料・農業・農村について、農政の方向と農業・農村の再建を論ずる巻とした。第1部は、現代の資本主義は農業をどうとらえるのかの論戦に始まり、農業保護政策、食料政策に及んだ討論となった。第2部では、単に基本法のみの問題ではなく、具体的な施策を規定する農地、食糧、土地改良、農協などに関する法制・施策のありよう、中山間地域対策、WTOとの関連などが論じられた。第3部は、日本型エンクロージャ、村の必要性、誰に訴えるかなど、異なる視角からの論戦となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 食料政策の枠組み(農業保護政策のゆくえ
  • 農業保護の国民的合意とはなにか
  • 日本は農業保護政策を放棄し得るか
  • 討論 ほか)
  • 2 二十一世紀型農政システムとはなにか(二十一世紀農政をどう構築するか
  • 新しい農政理念の追求
  • 五五年体制の抜本的見直し-農地法・食糧法・土地改良法・農協法をどう変えるか
  • 討論 ほか)
  • 3 地域農業・農村の展望-あなたのムラと農業の再建(いま、なぜ農業・農村の再建なのか
  • 閉塞状態からの脱出の手がかり
  • 再建の方向と手順
  • 討論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論争・近未来の日本農業 : グローバルに考えローカルに実践する
著作者等 中安 定子
七戸 長生
今村 奈良臣
佐伯 尚美
吉田 忠
堀口 健治
小田切 徳美
生源寺 真一
矢口 芳生
谷口 信和
酒井 富夫
犬塚 昭治
書名ヨミ ロンソウ キンミライ ノ ニホン ノウギョウ : グローバル ニ カンガエ ローカル ニ ジッセンスル
シリーズ名 全集世界の食料世界の農村 27
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1998.9
ページ数 228, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4540980130
NCID BA37525843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99037077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想