霧の山陵

加藤泰三 著

山を登る心、山を想う心を、詩情豊かに綴った多くの詩文を遺し、若くして戦時の南方に逝った著者。山男たちの心の拠り所として広く読まれてきた、山の画文集の傑作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 雪原
  • 谷間にて
  • 洋燈
  • スキーを穿く
  • 低山春雨
  • 合歓の木
  • 客心自酸楚
  • 出発前
  • 薬師の剣
  • 雪の上で〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 霧の山陵
著作者等 加藤 泰三
書名ヨミ キリ ノ サンリョウ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1998.8
ページ数 342p
大きさ 16cm
ISBN 4582762573
NCID BA37492937
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99034159
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想