摂食障害

野上芳美 編

やせることは「魅力的で有能な女性」になるための前提条件…そんなアメリカ文化の影響をもろに受け、日本でも「スリムは善、肥満は悪」とする「歪んだ信仰」が蔓延している。拒食と過食-摂食障害は、現代社会が生んだ成熟への、自立への不安でゆれる女性たちの病いである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 摂食障害とは何か-最近の傾向をどうとらえるか
  • 2 摂食の病態生理
  • 3 乳幼児期のfeedingと摂食障害
  • 4 思春期女子の精神・性的発達
  • 5 摂食障害と家族のあいだ
  • 6 摂食障害とボディ・イメージ
  • 7 文化と女性の容姿-歴史的にみた女性美の変遷
  • 8 摂食障害の臨床症状
  • 9 神経性過食症の症例と治療
  • 10 神経性食思不振症の症例と治療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 摂食障害
著作者等 野上 芳美
書名ヨミ セッショク ショウガイ
シリーズ名 こころの科学セレクション
出版元 日本評論社
刊行年月 1998.8
ページ数 156p
大きさ 19cm
ISBN 4535560900
NCID BA37492314
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99029406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想