選択の数理 : 個人的選択と社会的選択

中村和男, 富山慶典 著

本書は、「選択」という人間の行為に関してすでに厳密で、がっしりした枠組みが構築されてきた意思決定や社会的選択の理論をそのまま紹介するのではなく、数理的な視点から、われわれが日頃遭遇する選択場面での選択行為の類型化とそれらの特徴や差異を理解してもらうとともに、現実には合理的に選択を行うのがいかに難しいか、それはなぜなのか、そうした中でどのような点に留意して選択を進めたらよいのか、といったことを述べたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 選択をとらえるための枠組みを設定する(選択ということの数理的なとらえ方
  • 個人的選択と社会的選択のとらえ方)
  • 2 個人的な選択にアプローチする(個人的選択場面と選択行動
  • 確定的な選択行動
  • 不確実な選択行動 ほか)
  • 3 社会的な選択にアプローチする(社会的選択問題と選択方式
  • 二肢選択方式
  • 多肢選択方式 ほか)
  • 4 今後に向けて(個人的選択と社会的選択の融合、そしてダイナミックな選択へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 選択の数理 : 個人的選択と社会的選択
著作者等 中村 和男
富山 慶典
書名ヨミ センタク ノ スウリ : コジンテキ センタク ト シャカイテキ センタク
シリーズ名 シリーズ<現代人の数理> 13
出版元 朝倉書店
刊行年月 1998.9
ページ数 158p
大きさ 22cm
ISBN 4254126166
NCID BA37450926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99034348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想