テレコムの経済史 : 近代日本の電信・電話

藤井信幸 著

本書は、わが国の電信・電話の普及プロセスを検証しながら、情報化と市場化の関連を問い直している。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1部 政策(電信政策の始動
  • 明治前期の電信利用
  • 電話政策の始動
  • 両大戦間の電話政策
  • 電信と市外電話
  • 戦後の電話政策)
  • 第2部 情報行動(商人
  • 地方生産者
  • 近代企業)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p2
  • 序章 情報化・市場化・組織化 / p3
  • 第I部 政策
  • 第1章 電信政策の始動 / p15
  • 1 殖産興業政策と地域利害 / p15
  • 2 日本と中国 / p18
  • 3 電信と地域利害 / p23
  • 4 利害調整 / p29
  • 5 誘致の意図 / p33
  • むすび / p38
  • 第2章 明治前期の電信利用 / p43
  • 1 電信と郵便 / p43
  • 2 地域差とその要因I-府県別分析 / p47
  • 3 地域差とその要因II-都市別分析 / p54
  • むすび / p59
  • 第3章 電話政策の始動 / p63
  • 1 戦後経営と民間工業 / p63
  • 2 電話拡張計画 / p66
  • 3 需給バランス / p71
  • 4 普及状況 / p76
  • むすび / p83
  • 第4章 両大戦間の電話政策 / p87
  • 1 両大戦間のインフラ政策 / p87
  • 2 第三次電話拡張 / p90
  • 3 大不況下の民営化構想 / p97
  • 4 特別会計への移行 / p103
  • むすび / p107
  • 第5章 電信と市外電話 / p111
  • 1 電信・電話利用の推移 / p111
  • 2 利用度の地域差 / p120
  • 3 地域差の要因 / p123
  • むすび / p127
  • 第6章 戦後の電話政策 / p131
  • 1 復興から経済自立ヘ / p131
  • 2 高度経済成長期 / p141
  • むすび / p148
  • 第II部 情報行動
  • 第7章 商人 / p157
  • 1 織物・生糸商-越後屋 / p157
  • 2 肥料商-万三商店 / p163
  • 3 北前船-西村屋 / p169
  • むすび / p174
  • 第8章 地方生産者 / p179
  • 1 地方製糸家と売込問屋 / p180
  • 2 岡谷製糸の電信利用 / p185
  • 3 純水館の電信利用 / p193
  • むすび / p195
  • 第9章 近代企業I / p201
  • 1 経営管理と電信・電話 / p201
  • 2 郵便汽船三菱会社 / p203
  • 3 第一銀行 / p217
  • むすび / p226
  • 第10章 近代企業II / p232
  • 1 機械輸入と三井物産 / p233
  • 2 三井物産の情報伝達システム / p240
  • 3 商社間競争の激化 / p248
  • むすび / p260
  • 終章 総括と展望 / p265
  • 引用文献 / p271
  • あとがき / p287
  • 事項索引 / p291
  • 人名・組織名索引 / p294

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 テレコムの経済史 : 近代日本の電信・電話
著作者等 藤井 信幸
書名ヨミ テレコム ノ ケイザイシ : キンダイ ニホン ノ デンシン デンワ
書名別名 Terekomu no keizaishi
出版元 勁草書房
刊行年月 1998
ページ数 296p
大きさ 22cm
ISBN 4326501545
NCID BA37434034
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99031997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想