現代思想としての西田幾多郎

藤田正勝 著

「近代の知」最大のアポリア、「二元論」。その難関を西田は、判断以前、主観‐客観以前、「色を見、音を聞く刹那」を摘出することで、ラディカルに乗り越える。『善の研究』が創出し、生涯のキータームとなった「純粋経験」を中心に、西洋哲学の「脱構築」を目指した、西田「ポストモダン」哲学の全貌に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 西田幾多郎の世界へ-その生涯を追って
  • 第1章 純粋経験とは何か
  • 第2章 二元論批判としての純粋経験論
  • 第3章 経験とことば
  • 第4章 「もの」と「こと」
  • 第5章 西田の芸術論
  • 第6章 自己への問い
  • 終章 その後の西田へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代思想としての西田幾多郎
著作者等 藤田 正勝
書名ヨミ ゲンダイ シソウ ト シテノ ニシダ キタロウ
シリーズ名 講談社選書メチエ 138
出版元 講談社
刊行年月 1998.9
ページ数 228p
大きさ 19cm
ISBN 4062581388
NCID BA37396820
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99032116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想