色材の小百科 : 染料から機能性色素まで

江崎正直 編著

色材とは、色をつける材料、着色材のことで、染料、顔料およびそれを含む塗料、印刷インキ、絵の具、カラー写真用色素などの総称である。この色材がそれぞれの分野でどのように使われているのかを、衣食住の視点からまとめた。衣料を染める染料から、車や景観の色彩設計、未来の色ともいえる機能性色素など、幅広い色の世界を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 衣
  • 第2章 食
  • 第3章 粧
  • 第4章 住
  • 第5章 未来の色

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 色材の小百科 : 染料から機能性色素まで
著作者等 江崎 正直
書名ヨミ シキザイ ノ ショウヒャッカ : センリョウ カラ キノウセイ シキソ マデ
書名別名 Shikizai no shohyakka
シリーズ名 K books series 137
出版元 工業調査会
刊行年月 1998.8
ページ数 309p
大きさ 19cm
ISBN 4769341202
NCID BA37393571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想