ベッカー教授の経済学ではこう考える

ゲーリー・S.ベッカー, ギティ・N.ベッカー 著 ; 鞍谷雅敏, 岡田滋行 訳

1992年ノーベル経済学賞受賞者であるゲーリー・ベッカーが『ビジネス・ウィーク』誌に連載したエッセィの日本語版。アメリカ経済躍進の基礎である"経済学的な考え方"の本質をとらえる。日本経済の再生を考えるうえでの"資本主義の哲学"を学ぶ。市場社会を生き抜くための"発想"を身に付ける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 象牙の塔からコラムニストへ
  • 規制と民営化
  • 労働市場と移民
  • 人的資本と学校教育
  • 家族
  • 差別
  • 犯罪と中毒
  • 反トラストとカルテル
  • 特殊利益と政治
  • 政府と税金〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベッカー教授の経済学ではこう考える
著作者等 Becker, Gary Stanley
Nashat, Guity
岡田 滋行
鞍谷 雅敏
Becker Gary S.
Becker Guity Nashat
ベッカー ギティ・N.
ベッカー ゲーリー・S.
書名ヨミ ベッカー キョウジュ ノ ケイザイガク デワ コウ カンガエル : キョウイク ケッコン カラ ゼイキン ツウカ モンダイ マデ
書名別名 The economics of life

教育・結婚から税金・通貨問題まで

Bekka kyoju no keizaigaku dewa ko kangaeru
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1998.9
ページ数 341p
大きさ 20cm
ISBN 4492312501
NCID BA37365088
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99031919
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想